住職ブログ

是三寺

072-675-1790

〒569-0051 大阪府高槻市八幡町9-23

住職ブログ

住職ブログ

2019/05/28 井の中の蛙、井戸を知らず

仏教とは仏陀の教えです。「仏陀」とは個人の名前ではありません。もともとの意味は「目覚めた人」という意味です。経典には無数の仏陀が登場しますが歴史上の…

2019/05/27 お東とお西のお内仏(仏壇)

教えという点では東本願寺(お東)、西本願寺(お西)に大きな違いはありません。しかし長い歴史の中で細かい違いはできてきました。 お内仏(お仏壇)の荘厳…

2019/05/24 浄土真宗にはなぜ西と東があるのか。(2)

当時の石山本願寺は顕如(けんにょ)上人が門主を務めていました。顕如上人とその三男の准如(じゅんにょ)は和睦しようとしましたが長男である教如(きょうに…

2019/05/23 浄土真宗にはなぜ西と東があるのか。(1)

浄土真宗では「お東」、「お西」ということがあります。ご存知のように本願寺には東本願寺と西本願寺があります。 東本願寺は正式には“真宗本廟”といいは真宗…

2019/05/22 永代経を納めるのはいつ?葬儀、法事、年忌。

浄土真宗では人は亡くなれば即お浄土に生まれるという教えですので追善供養はありません。お布施は教えを守っていくためにその教えを伝えるお寺や僧伽(さんが…

2019/05/21 浄土真宗の「永代経」は「永代読経」の略です。

「永代経」とは「永代読経」を略したものです。永代経法要は、ご本山である東本願寺やその末寺である皆さんがお付き合いされているお寺が永代に受け継がれてい…

2019/05/20 浄土真宗の永代経の意味

今日は近くのお寺の永代経の法要があり私も参勤させていただきました。皆さんは、どのような思いで停滞鏡を迎えられているでしょうか。現在では永代経というと…

2019/05/19 浄土真宗の正依。ほんとうにうなずけるもの。

浄土真宗の正依(正しく依るべき経典)は仏説無量寿経、仏説観無量寿経、仏説阿弥陀経です。これらはすべて「如是我聞」「我聞如是」という言葉で始まります。…

2019/05/18 親鸞聖人も学生だった。

学生(がくしょう) 我が家の次男は今年大学の4回生になり就職活動の真っ最中です。もっとも親の目から見ればあまり熱心に活動しているようには見えませんが…

2019/05/17 聞法に言い当てられて仏法に目覚める

聴くというのは自分から聴きに行くということですが、人はたいてい聞いたことをそのままでは受け取れません。自分が聴きたいこと、自分に理解できること、つま…

2019/05/16 浄土真宗は聴聞に極まれり

「聴聞」という言葉はあまり日常会話では使わない言葉です。法律用語にも聴聞という言葉はありますがこちらは「行政機関が特定の行政行為をする場合に利害関係…

2019/05/15 与えられたものの中で幸せを感じる

新聞記事の中で「大きな病気を経験して、与えられたものの中で幸せを感じるという“降りていく生き方”が定着した。すると心は穏やかに。努力はするが、成り行き…

TOP