住職ブログ

是三寺

072-675-1790

〒569-0051 大阪府高槻市八幡町9-23

住職ブログ

住職ブログ

2019/06/14 お経は人生のよりどころ

お経とは仏陀の教えをまとめたものでインドの「スートラ(糸)」という言葉がもとになっています。「スートラ」が中国に伝わり「経(けい)」という漢字に訳さ…

2019/06/13 日常のおつとめ「正信偈」

平常の朝夕のおつとめでは、まず灯明に火をつけ、本尊に向かって合掌し手念仏をもうします。その後、合掌を解き鈴を二回打って発声します。お勤めには「正信偈…

2019/06/12 お内仏(お仏壇)の毎日のお給仕

先にも書きましたように、お内仏はお浄土の形を表しています。それは阿弥陀如来の願いによって開かれた世界です。ですからお内仏のお給仕をするということは、…

2019/06/11 本尊や仏壇をお迎えする、「移徒」法要

本尊や仏壇を新たに安置するときや場所をうつすときに「移徒(いし)」法要を務めます。移徒とは、移り動くことという意味です。「おわたまし」「ごいし」とみ…

2019/06/09 阿弥陀如来の絵像は「方便」?

お手次のお寺にお願いすると本山から本尊・阿弥陀如来の絵像をお受けすることができます。その絵像の裏には「方便法身尊形8ほうべんほっしんのそんぎょう)」…

2019/06/08 お内仏の現代的意味

何度か書いてきましたように真宗門徒は、お仏壇のことを「お内仏」と呼びます。それはただ仏壇をお祀りしてきたというだけではなく、「お内仏」と呼びならわす…

2019/06/07 浄土真宗の阿弥陀如来のお姿

真宗の阿弥陀様は必ず立っておられます。絵像であれ木像であれ変わりません。例えば宇治の平等院の阿弥陀様はお座りになっておられます。でも浄土真宗のお寺の…

2019/06/06 浄土真宗は釈迦・弥陀二尊の教え。

真宗の本尊は阿弥陀如来です。一方仏教の開祖はお釈迦さまです。真宗のお寺ではなぜお釈迦さまではなく阿弥陀様をお祀りしているのですがと聞かれることがあり…

2019/06/03 仏法は自らをうつす鏡

もっと快適に、もっと便利にという私たちのこころに従っているのが現代の科学や社会で、人間の知恵です。ところがどんなに便利になっても人間は満足できません…

2019/06/02 親鸞聖人は浄土を求める心を「願生心」と呼びました。

私たちの世界はこれからもどんどん便利になっていくでしょう。それが正しいことだと信じてだれも疑いません。しかし、正しいと思っていることをうたがうのが難…

2019/05/31 便利=幸せ、では埋まらない何か。

私たちの世界はこれからもどんどん便利になっていくでしょう。それが正しいことだと信じてだれも疑いません。しかし、正しいと思っていることをうたがうのが難…

2019/05/29 現代に通じる仏陀の言葉

  「世の中で<快>、<不快>と称するものに依って、欲望がおこる。」というお釈迦様の言葉があります。「快、不快」は、都合が良い・悪い、…

TOP