住職ブログ

是三寺

072-675-1790

〒569-0051 大阪府高槻市八幡町9-23

住職ブログ

住職ブログ

2019/05/02 阿弥陀は無量のはたらき

仏教ではどんな出来事も「因果」ということで考えます。ある出来事(果)には必ずそうなった原因(因)がある。そしてある出来事は果であると同時にほかの出来…

2019/05/01 「令和」が始まりました。お寺で談合しましょう。

日付が変わり今日から元号が「令和」と改まりました。昨日は「平成最後の○○」を連発していたテレビが今度は「令は最初の○○」に変わりました。元号が代わり気持…

2019/04/30 今日は平成の終わる日です。

今日で平成も最後です。テレビでは「平成最後の○○」と言いうフレーズがあふれています。 昭和生まれの私はとうとう3つ目の時代に入ります。唱和が平成になる…

2019/04/29 演説は仏教用語。浄土真宗は言葉の宗教。

演説 先日、選挙がありました。高槻では市長選は現職しか立候補がなかったので無投票となり市会議員選挙のみとなりました。 選挙戦の間は各候補があちこちで…

2019/04/28 縁起に良いも悪いもありません。

縁起 日常の会話の中で、よく「縁起が良い(悪い)」「縁起をかつぐ」という言葉を聞きます。吉凶の前兆として縁起という言葉は使われます。しかし「縁起」は…

2019/04/27 有頂天。最も深い迷い。

有頂天 得意の絶頂、最高に幸せとなっている状態を「有頂天になっている」と言います。人生における最高の瞬間ということですが、実は仏教では最高の迷いの状…

2019/04/25 浄土真宗の一大事。蓮如聖人の御文。

一大事 「一大事」というと何やら困ったことが起こったときに使いますね。「天下の一大事」「わが社の一大事」など大慌ての様子がうかがえます。 『法華経』…

2019/04/23 浄土真宗は阿弥陀様への感謝の教え

有り難い 「ありがとう」は日常会話の中でもたびたび出てくるお礼の言葉ですが、もともとは「有難し」という仏教の言葉です。有り難いは文字通り「有ることが…

2019/04/22 無慙愧は名づけて人とせず。

「恥ずかしい」というのは日本の文化の一つだといわれます。どこの国の言葉にも「恥ずかしい」に相当する言葉はあるでしょうが日本人は自分の都合と同じくらい…

2019/04/21 日常にはいいている仏教の言葉

「畜生」という言葉も仏語です。一般には牛や馬など動物のことを畜生と言いますが、仏教では者の道理を知らないで道理に従わずに生きていて、少しも恥じないも…

2019/04/20 仏法は人生の地図

仏法を聞く事は自分の在り様を知ることです。私たちはこの世に生まれることを願って生まれてきたわけではありません。気が付いたら生まれていたといっていいで…

2019/04/19 お念仏を唱えさせていただく阿弥陀様の本願

皆さんは「不思議」という言葉をご存知でしょう。辞書を引くと「どうしてなのか、普通では考えも想像もできないこと。説明のつかないこと。また、そのさま。」…

TOP