住職ブログ

是三寺

072-675-1790

〒569-0051 大阪府高槻市八幡町9-23

住職ブログ

住職ブログ

2019/07/13 お盆参りは7月、8月?

お盆のおつとめは7月に勤めるところと8月に勤めるところとがあります。だいたい多くは8月なんですけれども、東京近郊は7月の所が多いみたいです。あと静岡とか…

2019/07/13 他力の生活のよろこび

自分に何かできることのありがたさを感じ取ることから始まるのが他力の生活です。そしてできることのありがたさを本当に思う時には、自分に少しでもできること…

2019/07/11 浄土真宗の他力の生活

浄土真宗は他力の生活が解かれる教えです。他力というと「他力本願」という言葉が思い浮かぶのではないでしょうか。一般に他力本願というと、自分では何もせず…

2019/07/09 真宗門徒の学びとは

安田理深という先生が、学ぶということは「学問」するということだとおっしゃいました。当たり前のように聞こえますが、今のガッコでやっていることはいかにた…

2019/07/08 「子育て」というあべこべ。

私たちは知らず知らずのうちに多くのことを逆転させて受け止めています。お念仏に出会うということは、自分があべこべになっていることに気が付くということで…

2019/07/06 自分では気が付かない「あべこべ」の世界。

自分たちがしていることに、「これは反対だなあ」と気付くということが、「南無阿弥陀仏」の世界です。 でも反対だということに自分ではなかなか気づくことが…

2019/07/05 真宗門徒は仏教に「自分」を学ぶ。

自分が本当に大切ならば、自分というものを正しく知らなければなりません。自分はいったいどういうものの考え方をしているのかを知らなければなりません。自分…

2019/07/04 「仏教に学ぶ」と「仏教を学ぶ」

「仏教に学ぶ」という言い方はちょっと変に聞こえます。通常のいい方なら「仏教を学ぶ」ですね。 「仏教を学ぶ」といった場合は自分が仏教の勉強をして知識を…

2019/07/03 浄土真宗の法事、葬儀の意味合い。

葬儀や法事などの仏事は、一般的に追善供養を考えられています。亡くなった方へ孝養を差し向けるということなのでしょうが親鸞聖人は「親鸞は父母(ぶも)の孝…

2019/07/01 葬儀にかかわる迷信。あ酔っているのは誰?

葬儀に関してはいろいろなことを聞かれます。今でも地方それぞれに多くの習俗がありますが迷信も多く残っています。高槻市では多くの会場で「清め塩」を会葬礼…

2019/06/28 最近の葬儀、お通夜の様子

今日はこれからお通夜のおつとめがあります。お通夜、葬儀のやり方も随分と変わってきました。以前はご家庭で亡くなられる方も多く、病院などで亡くなってもい…

2019/06/26 真宗門徒。仏門にはいったひとを門徒といいます。

「門徒」という言葉を使われたのは、法然上人や親鸞聖人です。現在では檀家という言い方をすることも多いですが、もともとは仏「門」に入った「徒(ひと)」と…

TOP